Home Contact Sitemap

洛星中学高等学校 ロボット研究部・同好会 ホームページ

MENU

HOME




アクセスカウンター


Since 15 Apr, 2008

受験者の方へ

ロボット研究部に入部するために洛星に入るという方も多いのではないでしょうか。ロボット研究部についての質問がいくつかありましたので答えたいと思います。

・活動内容
基本的にはACTIVITYに書いていることをしています。その他にも、自分で好きなモノを作っても結構です。とにかく、何かモノを作ればよいです。

・楽しいところ
モノを作ることです。自分がゼロから作ったロボットが動いたときは感動します。特にこの時が楽しいとかではなく、モノ作りをする毎日が楽しいのです。

・ロボットに関する知識
入部するためにロボットの知識が必要と言うことはありません。実際、現在の部員のほとんどはここに入るまでロボットに関すること(特に電子回路)は全く知りませんでした。入部すると、基礎知識は全て先輩が教えます。もし、基礎知識が十分ある場合には先輩と一緒に少しレベルが高いこともできます。

・お金について
ロボットを作るには当然お金がかかります。かかるお金は人によってばらばらです。去年の中一の例を参考として書いておきます。
工具類(半田こて、ニッパー、ラジオペンチなど。これらは工具なのでずっと使えます)約3000円
練習用キット(ロボットの基礎知識を学ぶためのライントレーサーのキット)2100円
文化祭展示用ロボット制作費(文化祭に展示するためのロボット制作費)平均3000円
これが中一の年総計です。中二以降は作るモノによって変化します。中一は毎年こんな感じです。
よく、「パソコンが必要か?」という質問を聞くのですが全くそんな必要ありません。確かにロボットを作るときにパソコンは必要ですが部に一台あるのでそれを使ってもらえばいいです。
By ロボット同好会・研究部. 23 Jan 2009 .